• トップ /
  • 葬儀の生花のマナーについて

葬儀で飾る花には種類がある

葬儀のときには花を飾りますが実はこれもマナーが決まっています。供花は通夜や葬儀のときにお供えしたり、飾る花のことです。また、主にキリスト教などで供養のためにささげる生花のことを献花と呼びます。最近は宗教に拘らずに故人の好きだった生花をお供えすることも増えています。使う花には色々な種類がありそのマナーを先に知っておく必要があります。葬儀の前の通夜の前から飾るのが枕花です。これは亡くなった人の枕元に飾る花のことで故人のすぐそばに、通夜の前から飾ります。ただ、枕飾りの花瓶に飾る花やしきみを指すものではありません。僧侶に枕経をあげてもらうときに用意します。供花は通夜と葬儀のときに故人の供養のためにお供えする花です。お供え物と同じように祭壇に供えます。通夜に間に合うときは通夜の日の午前中までに生花を飾るのがマナーです。葬式に送るときは出来るだけ前日までに届くように手配をします。花輪は通夜、地域によっては葬儀のときに式場の周辺に花輪を飾ります。式場によっては飾ることが出来ないこともあるので注文するときには注意が必要です。また、供花スタンドもあります。これはフラワースタンドや花スタンドとも呼ばれていて、花輪と同じような役割りを果たすものです。ただ、花輪は式場の外に飾りますが、供花スタンドは入口または祭壇の左右に飾ります。

バックナンバー

葬儀の良い情報

↑PAGE TOP