• トップ /
  • 葬儀のマナーを紹介します

知っておきたい葬儀のマナー

葬儀はいつあるか分からないので、普段から葬儀の種類を把握し、マナーを頭に入れておくことが大切です。葬儀の種類によってマナーは変わってくるので覚えておきましょう。日本では仏教のお葬式が一般的ですので仏式葬儀の流れを覚えておくと安心です。仏教では焼香があります。焼香の手順を覚えていない人はぜひ頭に入れておくと良いでしょう。焼香はまず後ろの人に会釈をして、次に僧侶と遺族に会釈します。そして遺影に向かてって一礼して合掌し、香をつまんで顔の前にあげます。香炉に香をおとし、遺影に合掌して一礼し、最後に僧侶と遺族に一礼しましょう。順序が思い出せない場合は前の人のやり方をよく見ておきましょう。神式ではは仏教の焼香の代わりに手水の儀と玉串奉奠を行います。キリスト教ではカトリックとプロテスタントで少し種類が違います。通夜のことをカトリックは通夜の儀と呼び神父が行い、プロテスタントでは前夜祭と呼び牧師が行うのです。キリスト教の葬儀では遺体や遺影に手を合わしたり拝んだりしないようにしましょう。社会人になる時、結婚される時など人生の節目に喪服を用意しておくと安心です。故人への感謝の気持ちを胸に、マナーを守って参列すると故人も喜ばれることでしょう。

バックナンバー

葬儀の良い情報

↑PAGE TOP