• トップ /
  • 葬儀の際に着用する服装のマナー

葬儀の服装は一式持っておきたい

葬儀のマナーで気になるのが身だしなみですが、正式はモーニングや和装などで、略式はブラックスーツやブラックフォーマルになります。参列する側は、正式のものを持っていたとしても親族より格が上にならないよう、略式の礼服を着用するのがマナーです。葬儀の服装は、失礼に当たらないよう、場をわきまえたスタイルを心掛ける必要があります。仮通夜の場合、亡くなった直後に行われるので喪服を着て行くと不幸を予期していたように取られるので、地味な平服で大丈夫です。葬儀の服装は通夜の場合も、急ぎで駆けつける意味合いがありますが、突然でない限りはブラックフォーマルを着用するのがマナーです。告別式に参列する場合は、ブラックフォーマルを着用するのが基本で、控えめな服装を心がけるようにします。葬儀の服装は、貸衣装でレンタルすることも可能ですが、1着もブラックスーツを持っていないと慌てることになります。突然の訃報があっても慌てなくて済むよう、冠婚葬祭用に使えるフォーマルウェアや靴などを一式持っておくのが賢明です。葬儀の服装は男性の場合、スーツの色は濃紺やダークグレーでも良いのですが、ネクタイは黒もしくは地味な柄を身につけることです。女性はグレーなどの地味な色のスーツやワンピースならOKで、黒無地のブラウスやスカートでもかまいません。

バックナンバー

葬儀の良い情報

↑PAGE TOP